Clinic ブログ

カテゴリー:

クリニックブログセラミック

保険の白い被せ物(CAD / CAM冠)の適応が拡大

保険適用されるのはどんな白い歯?

既存のCAD /CAMよりも壊れにくい

今回、保険適用されたのは、「松風ブロックPEEK」という製品で通称『PEEK冠』、材料は歯科用プラスチックであるいわゆるレジンです。これまでもいわゆるCAD/CAM冠が保険診療で作ることができましたが、PEEK冠にはシリカ微粉末が含まれておらず、ポリエーテルケトンが主成分となっています。簡単に言えばたわみやすいためパキッと折れにくいです。

従来のCAD/CAM冠と比べると、破折しにくいという特徴があります

 

保険適用の範囲が広がった

今回特筆すべき点としては、保険適用の範囲が広がったことが挙げられます。白い歯であるCAD/CAM冠を保険で作る場合は、前から6番目までとなっていました。

基本的には6番までが限界だったのです。

今回の改訂では、保険適用7番だけでなく、8番にまで広がりました

今回の改訂で、すべての歯を白い歯で保険治療できるようになりましたがセラミックやジルコニアと比較すると天と地ほどの差は確かにあります。よって保険診療で使える白色材料は、セラミックとは根本的に異なるものなので、過信しすぎるのは良くありません。

しかし、歯科治療にかかる費用負担を減らせることはとても有益といえるでしょう。

審美や機能、耐久性などを求める場合は、自由診療のセラミックや金歯を選んだ方が良いです。そんな被せ物治療でお悩みの方は、いつでもお気軽にみやうちデンタルクリニックまでご相談ください。